ニキビが悪化してシミができる?

ニキビが悪化しますと跡となって残り、茶色っぽいシミとして見えることもあります。
このシミになった原因としては、ニキビができた時に肌を守る役割として大量に発生したメラニンが上げられます。
メラニンはシミやソバカスの原因として有名ですが、ニキビができる時に繁殖するアクネ菌を減らすために活性酸素が生成し、アクネ菌を減らすのと同時に肌の大切な細胞を攻撃することもあることから、細胞を守るためにメラニンを大量に発生し紫外線による刺激のブロックする役割でもあるのです。
ニキビにとっては相性が悪い成分でもありますが肌を守る大切な成分でもありますので、ニキビ跡がシミになってきましたら美白化粧品やピーリング化粧品などを使って、薄くなるように努力をしましょう。
メラニンが原因でのシミは、大きさによっては色が薄くなり改善することも可能です。
古い角質層が溜まっていますとニキビ跡だけではなく、毛穴周辺の汚れも溜まっている状態となっていますので、ピーリング石鹸によって洗顔することによって肌色にも変化が出てきます。
その後にしっかりと保湿をし、美白クリームでピンポイントに付けて配合成分を浸透すれば、シミにも良い影響を与えますので頑張って解消してみましょう。